東京でタトゥー除去ができるおすすめクリニック » タトゥー除去の施術に関する基礎知識 » タトゥー除去のアフターケアはどうする?

タトゥー除去のアフターケアはどうする?

公開日: |最終更新日時:

傷跡をなるべく薄く綺麗にするためには、タトゥー除去の手術直後から、丁寧なケアをする必要があります。タトゥー除去後の正しい知識を身に付けて、綺麗なお肌にするため、ぜひチェックしてみてください。

タトゥー除去後の傷跡はどうなる?

レーザー治療を受けた皮膚は、火傷をしたときと同じ状態。タトゥーを除去してから2週間ほどすると、レーザーを当てた部分がかさぶたになり、かゆみが発生する場合があります。このかさぶたを無理に剥がしたりしてしまうと、綺麗に治らないどころか、傷跡が残る大きな原因となる可能性もあるのです。

タトゥー除去後のアフターケア

処方される軟膏は毎日欠かさずに傷跡に塗り、保湿する必要があります。また、保護テープなどを使用し、紫外線や外部の刺激から守ることも大切です。

皮膚切除した場合のアフターケア

タトゥーを皮膚切除した場合のアフターケアは、患部はできる限り動かしたり外部からの刺激を与えたりしないことが重要。術後は縫合口をテープでしっかりと固定すると、より早い回復が見込めます。皮膚切除では大きく切開をしますので、手術前から術後10日間の飲酒は厳禁です。飲酒をすることで血行が良くなり、縫合後の回復にさらに時間がかかったり、必要以上に出血したりしてしまう可能性があります。

削皮法の場合のアフターケア

皮膚を削り取る削皮法は、色素をしっかりと取りきるために深く皮膚を除去しますので、施術直後の皮膚は、ひどい擦り傷のような状態。細菌が侵入しやすく感染症にかかりやすいため、患部を清潔に保つことが何よりも重要です。消毒はもちろん、毎日のガーゼ交換も必ず行いましょう。

レーザーで除去した場合のアフターケア

レーザー治療は皮膚をトゥーを除去できますが、タトゥーの色によっては治療が困難な場合があります。また、切除しないので回復が早く、広範囲のタトゥーに対応することができます。1回にかかる時間は数分から数十分程度ですが、2~3か月に1度の頻度で、複数回の治療通院が必要になります。

除去した場合のその他のアフターケア

タトゥーの除去治療を受けたあとの肌は、ダメージを受けていて、とても繊細な状態。施術直後は運動や入浴は避け、日焼けもしないよう注意しましょう。

タトゥー除去の施術ごとに厳選!
東京でおすすめのクリニックリスト

タトゥー除去の施術別
東京でおすすめの
美容クリニック4選

イメージ

削皮+レーザー、レーザー、切除、削皮の施術でおすすめのクリニックを厳選しました!
それぞれの施術のメリット・デメリットも比較していますので、あなたのクリニック選びにぜひお役立てください。