東京でタトゥー除去ができるおすすめクリニック » タトゥー除去の施術に関する基礎知識 » タトゥー除去の痛みについて

タトゥー除去の痛みについて

痛みが少ない、というのは嘘?

タトゥー除去の施術で一番気になるのは、やはり「痛み」です。レーザーによる施術では「ゴムではじかれた程度」と謳うクリニックもありますが、一方で「針を刺されるほどの痛さ」とか「陣痛の次に痛い」といった声も聞かれます。個人の感想であり、ひとりひとり違うのは当然のことですが、いずれにしても無痛で済む施術はなさそうです。

痛みを軽減する「麻酔」

痛みを完全になくすことはできなくても、少しでも痛みを軽減する手段として麻酔が使われます。麻酔法はさまざまありますが、タトゥー除去の施術で使用される麻酔法は主に、「局所麻酔」と「クリーム麻酔」、そして「リラックス麻酔」です。また施術法によって、組み合わせたり、使い分けたりしているクリニックもあります。

局所麻酔

局所麻酔は、意識を保ったままで、部分的に痛みを除く麻酔です。施術を行う部位の末梢神経周辺に麻酔薬を注入して、痛みの神経伝達を麻痺させます。身体への負担が少ないので、術後の回復が早いこと、麻酔薬の使用量が少ないことが、メリットとして挙げられます。一方で、局所麻酔は最初の注射が痛いこと、施術中に意識があるので、痛みに対する恐怖や不安は和らげることができないことが、デメリットとなります。

クリーム麻酔

クリーム麻酔は、塗るタイプの麻酔です。「皮膚表面麻酔」とも呼ばれます。痛覚神経の末梢終末を麻痺する方法で、塗布してから徐々に皮膚の感覚が低下していき、30分~1時間程度で効果が現れてきます。副作用の低い麻酔で、麻酔薬が少なく済むため体の負担が少ないなどのメリットがあります。一方で麻酔の中では効果が弱いというデメリットがあり、痛みが和らいだのかがわからないといった声も聞かれます。

リラックス麻酔

静脈内鎮静法、麻酔薬を点滴に注入して行います。静脈鎮静法は意識がなくなるわけではないことから自発呼吸が可能で、回復時間も早く、入院の必要がありません。
デメリットとしては、稀に呼吸や血圧に影響を及ぼすリスクがあります。そのため鎮静法の知識や経験を持つ医師の立ち合いが必要になります。リラックス麻酔を検討する人は、麻酔医が常駐しているクリニックを選ぶ必要があり、施術費用に影響することは否めません。

痛みについても、医師にしっかり相談を

麻酔法は施術法やクリニックによっても変わってきますし、一概にどれが良いとは言えません。ただ痛みを可能な限り抑えた上で、身体への負担を減らすことを考えると、局所麻酔がメリットの高い方法になるのではないでしょうか。

また、さまざまなサイトやブログにある経験者の話を読んでみても、「痛くない」という人は少数です。こういったことから、やはり「痛いものは痛い」とはっきり言ってくれるドクターは安心かもしれません。少しでも痛みを和らげる方法を検討するのであれば、痛みについてもしっかり医師に相談できるクリニックを選ぶようにしましょう。

タトゥー除去の施術別
東京でおすすめの
美容クリニック4選

イメージ

剥皮+レーザー、レーザー、切除、剥皮の施術でおすすめのクリニックを厳選しました!
それぞれの施術のメリット・デメリットも比較していますので、あなたのクリニック選びにぜひお役立てください。