東京でタトゥー除去ができるおすすめクリニック » タトゥー除去の施術に関する基礎知識 » 失敗してしまったら

失敗してしまったら

手軽に入れられるタトゥーは、消すにはいろんな弊害が

最近ではオシャレ感覚で手軽に入れることのできるタトゥー。入れた時と同じように簡単に消せる、と思っている人も多いようです。ですが実際にタトゥー除去に踏み切る時は、さまざまな弊害があるのが事実です。

若いころ、「かっこいいから」「友人や恋人とノリで」など、気軽な気持ちでタトゥーを入れてしまった人たちは、就職を前に、結婚・出産を前に、子どもに見られたくない、周囲に気付かれたくないといった理由から大慌てでクリニックの門をたたき、良い話だけを聞いて除去に踏み切って、結局失敗してしまった…という症例が多くあります。ここでは、よく聞かれる失敗例をご紹介していきます。

タトゥー除去の失敗例

汚くなってしまった

タトゥー除去をするにあたり、一番取り掛かりやすいのはレーザーを照射する治療ではないでしょうか。 「メスは使用しません、痛みもありません」と、気軽に受けられるようなイメージですが、やはり痛みはありますし、そしてやけどを伴います。

通常なら時間の経過とともに落ち着いて行くものが、下手な施術士が行うことによって汚く仕上がってしまうことも。レーザー照射は熱を加えて治療します。皮膚内の墨に反応し、破壊する働きを持っているため、肌はやけどやケロイドを生じる場合があります。レーザー照射をするにはきちんと技術を持った施術者が行わなければいけません。ですがエステのような感覚で、エステティシャンや看護師が施術を行っても疑問を持たない人も多いようです。看護師が施術を行っていたクリニックがあり、過去に逮捕された例もあります。

傷跡が目立つ

タトゥーを切除した人の中で一番失敗したとわかるのが、「傷跡が目立つ」手術跡になってしまったということ。ですが手術の仕上がりは失敗ではなく、執刀医の手技のレベルによるものです。切除は手術なので傷跡は当然残ってしまうものですが、できる限り目立たないように手術を行うクリニックもあります。事前に経験豊富でレベルの高いドクター選びが重要なポイントになります。

逆に目立ってしまった

タトゥーの植皮術では、広範囲の場合「メッシュ植皮」が一般的です。メッシュ植皮は傷のない皮膚を採皮して、メッシャーという専用の機械に通してアミアミ状に薄く伸ばし、施術部位に貼り付けるという方法です。施術跡はまるでうろこや幾何学的模様のようにしか見えない、非常に目立つ傷跡となってしまいます。この網目はずっと消えることはありませんし、正常の皮膚にもなることもありません。

施術の苦痛

タトゥーの除去法はいろいろありますが、レーザー治療であっても激痛だという人は多いようです。個人差はもちろんありますが、従来のレーザー治療も現在最新だと言われているピコレーザーであっても同じように十分痛い、と言う人もいるようです。

治療には局部麻酔を使用することが多く、術後は痛み止めも処方されることから、ゼロにはならないものの痛みを緩和する対策を行っていることがほとんどです。ですがレーザー除去治療を受けたけれど、痛さを我慢できずにやめてしまった、皮膚が膨らみ凸凹になってしまったという人が、他院に修正を求めるケースがあるのも事実です。

効果がない

レーザー治療はすぐに効果がわかりづらく、「レーザーを受けた痛みはあるけど色はそのまま残っている」「1度目は薄くなったのに、2回目以降は変化がない」など、効果を感じない人もいるようです。

タトゥー除去を行うにあたって留意しておくこと

タトゥー除去についてネットなどで調べてみると、「キレイに消すことができます」「早く消えます」など、まるで魔法のように消えると勘違いしそうな謳い文句が数多く並んでいます。ですが実際の除去はそう簡単なものでは決してありません。

レーザーであれ手術であれ、傷跡を残さずにきれいさっぱりタトゥーを除去することは不可能です。特にレーザー照射はメスを入れないことから誤解している人もあるようですが、レーザーはあくまで墨を薄くするだけで、ある程度の薄さになればそれ以上は消えなくなります。タトゥー除去は、以上を踏まえた上で取り掛かる必要があります。

もう失敗してしまっている人は

タトゥー除去に失敗した人は、自身のタトゥーに適さない治療法を選択してしまったという場合が多いようです。 また自分のライフスタイルに合わない治療法を選んでしまうと、適切なアフターケアができないことで傷口が悪くなってしまう状況になることも。 タトゥー除去は数多くの治療実績を持つドクターのしっかりとしたカウンセリングを受けた上で、治療方針を決めることがベストではないでしょうか。 すでにタトゥー除去を失敗している人には、傷跡修正を行っているクリニックもあるため、そちらを受診すると良いかもしれません。現状をしっかり伝え、自身に適した修正治療を選択してください。

タトゥー除去の他院修正を行っているクリニック

六本木境クリニック

  • 所在地:東京都港区六本木3‐7‐1 THE ROPPONGI TOKYO 207
  • TEL:03‐6441‐0691

東京イセアクリニック

  • 所在地:東京都中央区銀座6-2-3 Daiwa銀座アネックス3F
  • TEL:0120-963-866

池袋サンシャイン美容外科

  • 所在地:東京都豊島区東池袋 1-15-3 近代ビル9F
  • TEL:03-3987-5115

ガーデンクリニック

  • 所在地:東京都豊島区南池袋2-26-6島倉ビル 3・4F
  • TEL: 0800-813-9290

ルーチェ東京美容外科クリニック

  • 所在地:東京都豊島区西池袋3-26-5ニューマツモトビル 8階
  • TEL:0120-822-188

聖心美容クリニック

  • 所在地:東京都港区六本木6-6-9ピラミデ2F
  • TEL:0120-911-935

銀座みゆき通り美容外科

  • 所在地:東京都中央区銀座6-8-3銀座尾張町TOWER 6階・7階
  • TEL:0120-858-800

高須クリニック

  • 所在地:東京都港区赤坂2-14-27 国際新赤坂ビル東館12F
  • TEL:0120-558725(初診専用)

どのクリニックでタトゥー除去の他院修正をするか悩んでいる方へ

別ページで東京都内でタトゥー除去を行うおすすめのクリニックを、治療法ごとに厳選しています。治療法のメリット・デメリットや適しているタトゥーの種類も比較しています。治療の失敗の原因は、医師の技術だけではなく、あなたのタトゥーに合った施術ができていなかったのかもしれません。治療をやり直したい方やどの施術が自分のタトゥー適しているかを知りたい方、他院修正をお願いするクリニックが決まっていない方は、ぜひ覗いてみてください。

タトゥー除去施術を扱う
東京都内のおすすめクリニック4選

タトゥー除去の施術別
東京でおすすめの
美容クリニック4選

イメージ

剥皮+レーザー、レーザー、切除、剥皮の施術でおすすめのクリニックを厳選しました!
それぞれの施術のメリット・デメリットも比較していますので、あなたのクリニック選びにぜひお役立てください。